修行概要

真言宗では僧侶になるために下記のステップを経て
僧侶としての活動ができるようになります

  • 得度
  • 授戒
  • 四度加行
  • 伝法灌頂

 

修行(四度加行(しどけぎょう))とは

真言宗の修行は師僧より伝授を授かり、その授かった内容を各自で行をします
このホームページでは「伝授」という言葉を分かりやすく表現するために
「受講」という表記でご説明しています

伝授は弘法大師(空海)様の時代より1200年以上にわたり口伝にて行われます
口伝とは弟子がその師僧より直接お授けを受けることです
当道場では時代に合わせ効率的な学びを行っておりますが、
古来より伝わっている正統な伝授方法を継承しております

修行は冒頭にご説明したように 各自で行うものですので
「受講(お授け=伝授)」後に在宅にて行を行っていただきます
希望者は寺にて修行が可能です(寺生

修行について(受講と修行)

1回目の伝授
(受講)
座学
得度式(既に得度されている方は省く)
作法実習
十八道(四度加行)
修行(行)をする
フォローアップ:
メールやLineにて質問 / 聴講する / 再受講する
2回目の伝授
(受講)
座学
金剛界(四度加行)
修行(行)をする
フォローアップ:
メールやLineにて質問 / 聴講する / 再受講する
3回目の伝授
(受講)
座学
胎蔵界(四度加行)
修行(行)をする
フォローアップ:
メールやLineにて質問 / 聴講する / 再受講する
4回目の伝授
(護摩)
座学
護摩(四度加行)
作法実習
修行(行)をする
フォローアップ:
メールやLineにて質問 / 聴講する / 再受講する

四度加行が成満しましたら1次試験を行います(電話、Line、Zoom)
1次試験に合格された方は道場にて最終試験を行い
伝法灌頂が授けられます(僧階授与)

講義内容について

受講内容は各コースにより異なります
詳しい内容が知りたい方は「無料説明会」にご参加ください

基礎科目

・常用経典(読経)
・声明
・法式
・布教

オプション科目

・瞑想/阿字観
・梵字

応用

・葬送葬礼の実践
・ご祈祷/供養の実践
・各作法

上級(住職養成)

・法式上級

無料説明会に申し込む修行を申し込む