在家からお坊さんを目指される方の中には、セカンドライフとして考えたい、

自分を見つめ直したい、佛教に出会って世界が変わった、好きだから深く知りたい、

人に感謝されたい、恩返しがしたい etc…

どれも素晴らしい志だと思います。

 

在家から真言宗のお坊さんになるのは一苦労です。

なぜなら一般的に真言宗のお坊さんになろうとすると、いくつかの試練があるからです。

ここでは試練について簡単にご紹介します。

 

試練 その1  出家

 

親がお坊さんなら出家は簡単です。

しかし在家からでは出家するのも一苦労です。

まず出家を手伝ってくれる寺院探しから始まります。

自らの足で何度も通い、縁を作り初めて出家を許してくれます。

 

試練 その2  修行

 

やっとの想いで出家が出来た、しかしここからが長い道のりです。

職を捨て、お寺に住み込み、何年も掛けて修行をします。

もちろん生活費、修行に掛かるお金は自身の蓄えを削っていくことになります。

 

 

試練 その3 四度加行

 

ここが一番の試練です。

修行を真面目に積んでも、この四度加行を全て受けられるとは限りません。

真言宗のお坊さんには、必ずこの四度加行を全て受け、やり切る(成満する)必要があります。

 

まとめ

 

聖徳派では、ご縁を大切にしております。

僧侶を目指す方が修行を行える道場を設けております。

現在の職を離れる必要はございませんし、仕事をしながら僧侶として生きることに関心のある方は

一度ご相談ください。

20代〜60代までの老若男女の方が僧侶を目指して修行に励んでおります。

合掌

ーーーーーーお問い合わせーーーーーーー

【聖徳派修行道場】

https://deshi.shinnaji.net/

 

■聖徳波道場 倉敷成田山 心和寺内

岡山県倉敷市中島2355-156

電話:086−466−2356

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー